ピコレーザー(PicoWay)とは?レーザー除去の効果や痛みを解説!

ピコレーザーとは、簡単に説明しますと色素などの微細な粒子を破壊するためのレーザーです。ピコという名が付いているだけあり、ピコ秒(1兆分の1)単位でレーザーを照射することが可能になった画期的なレーザーです。

ちなみに、ピコレーザーが開発される以前はナノレーザー(10億分の1)というものが主流でした。それと比較すると、100倍もの速度を短縮することができたとてもすごい機械だということが分かりますね。

レーザーの照射間隔が短いとなぜ良いの?と疑問の方も多いと思います。その理由とは、照射間隔が短いほど肌への負担が少ないからです。さらに、レーザー照射の時間自体を大幅に短縮することができます。

ピコレーザー(PicoWay)の効果は?痛みやリスクはある?

PicoWay

ピコレーザーは色素を破壊するレーザーです

そもそもタトゥーとは、皮膚の内側に色素を注入して色を付け、デザインをしているものです。タトゥーを入れている方なら、彫師さんから説明を受けてご存知の方も多いのではないでしょうか。

ですので、タトゥーを除去するには注入された色素を取り除く必要があります。取り除くと言っても、一度定着してしまったものを体外に排出することは難しいことですから、レーザーを照射して色素そのものを破壊してしまうのです。

ピコレーザーは全色(カラータトゥー)の除去が可能

従来のナノレーザーでは黒や赤などの濃い色には反応しますが、黄色や水色などの薄い色のタトゥー除去は困難でした。

ですが、ピコレーザーの最新型である「PicoWay」は色素の破壊力がより一層強く、レーザー除去では難しいとされていたカラータトゥーも除去することが可能です。

ただし色素の定着具合や肌の状態によってはキレイサッパリ消えることが難しいパターンもあります。最近では、患部を写真で撮ってメールで送ると除去が可能かどうか診断してくれるクリニックも増えてきてますので、まずはメールで相談してみるようにしましょう。

ピコレーザーは痛い?痛みに弱いので不安…

結論から言いますと痛みはあります。ですが、従来のナノレーザーなどのレーザー治療に比べたら痛みは最小限に抑えられています。

その理由とは、先述の通り照射の間隔が圧倒的に短いからです。照射間隔が短いと肌への負担が減り、人によっては痛みをほぼ感じないこともあるそうです。よく「輪ゴムでパチンと弾かれる程度」だと例えられていますね。

ただし、タトゥー除去においては痛みは多少伴います。なぜなら、タトゥーの定着率(色の濃さ)や部位によってはピコレーザーの出力を上げて照射しなければならないからです。痛みに弱い・敏感な方は、麻酔クリームや局所麻酔も行ってくれるクリニックも多いので、ご相談してみてはいかがでしょうか。

ピコレーザーにリスクはある?レーザー除去のデメリットについて

タトゥーのレーザー除去では、切開切除ほどの大きな傷跡が残ることはないですが、施術中に火傷を負う可能性や、施術後に赤みが出てくることがリスクとして挙げられます。

また、レーザー除去にも少なからずダウンタイムが存在します。ピコレーザーの場合は24時間程度だと言われていますが、照射後の症状によっては三日から一週間ほどは患部に刺激を与えるのを避けた方が懸命です。

更に、ダウンタイム中はお風呂に入れないということも考慮しておきましょう。シャワーなら患部を濡らさないようにすれば大丈夫だと言われるケースもありますが、浴槽にお湯を張って入浴することはほぼ不可能だと思っておきましょう。

ピコレーザーについてのまとめ

ピコレーザーは、従来のナノレーザーには不可能だったカラータトゥーの除去に対応した画期的なレーザー機器だということが分かってもらえたかと思います。

タトゥーを入れたときよりも、タトゥーを除去する時の方が覚悟や勇気が必要かと思いますが、最新機器のピコレーザーでは短期間でより効果的なタトゥー除去が出来るようになってきたので、タトゥー除去を考えている方は一度クリニックでカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

タトゥー除去ならココのクリニックを選ぼう!